梅肉エキスでより健康に!黒酢サプリのおすすめバリエーション

黒酢サプリだけでも充分な健康効果が得られますが、梅のエキスと組み合わせることで相乗効果が得られると考えられており、梅のエキスを配合した商品もますます増えています。

クエン酸を多く含んでいる梅肉エキス。
クエン酸は梅やレモンに含まれる酸味成分で、疲労の原因となる乳酸の産生を抑制する効果があり、疲労、肩や筋肉の痛み、肝臓の病気の改善につながります。

疲労は乳酸と呼ばれる物質が血中に増えることで引き起こされると言われています。
この乳酸が筋肉に蓄積すると、人間は疲れを自覚しはじめます。
乳酸はデンプンを分解することによって作られますが、クエン酸はこの乳酸を水と二酸化炭素に分解して体外に排出する機能を持っています。
さらに、クエン酸は乳酸の生成そのものを阻害するため、長時間の作業をつづけていても疲れを感じにくくなると言われています。

より重要なことに、このクエン酸は、エネルギー代謝をよりスムーズにするためにクエン酸回路を活性化し、食品がエネルギーに代謝されるサイクルを早めてくれます。
クエン酸サイクルが効率的に回転しない場合、人はエネルギー不足のため疲れを感じやすくなってしまいます。
クエン酸はクエン酸サイクルのキーポイントであり、梅のエキスによってクエン酸を日常的に補充するとエネルギー代謝が改善され、多少の疲労にも負けない体を作ることができます。
クエン酸が豊富な食品としては、新鮮な梅、柑橘類、酢などが知られていますが、梅エキスのクエン酸含有量は、レモンの10倍以上と言われています。
その意味でも、梅エキスは疲労回復に最適なドリンクと言えます。

梅エキスに含まれるベンジル-β-D-グルコピラノシドとよばれる成分がアルドステロンの産生を抑制する機能を有し、ナトリウム吸収を阻害することで高血圧をふせいでくれると考えられています。
アルドステロンは副腎皮質ホルモンの一種で、血圧を上昇させる作用があります。
アルドステロンは体液中の塩分を調整し、血圧を調整するなどの役割をもっています。
アルドステロンが過剰に分泌されると、体内の水分が増加し、浸透圧の影響で高血圧になっていきます。

酢酸にも疲労を回復してくれる効果があるため、梅エキスと組み合わせることで健康効果がさらに高まり、真夏の時期にも夏バテしにくく疲れにくい体質をつくっていくことができます。
梅エキスのさわやかさがプラスされるためさらに飲みやすくなり、酸味がもともと苦手な人でも気軽に毎日飲みつづけることができます。
黒酢の効果と効能 新陳代謝アップで血流改善・冷え性改善・肥満予防はこちら


Posted in 健康 and tagged by with no comments yet.